シキブログ 総合コーチングメディア「シキブログ」

コーチングもティーチングも単なる道具。何のために使うかが大切

コーチングについて

  • コーチングって結局分かりづらい。それならティーチング(教えること)との違いを見ればわかりやすいのかも・・・
  • コーチングとティーチングがどう違うかというよりも、どういうふうに使い分ければいいのかを教えてほしい
  • コーチングとかティーチングとか聞いたことがあるけれど、結局はどういうことなのかを教えてほしい・・・
  • 自分の役に立つならティーチングでもコーチングでもどちらでもいい。自分の場合はどちらを選べばいいのかを教えてほしい・・・
  • 色々あるのは分かったから、どれが今の自分やチームにぴったりなのかを教えてくれたらいいのに・・・

コーチングに興味を持ち始めたものの、まだわかりやすい説明に出会っておらず、しっくり来なくてモヤモヤしている状態のあなたへ。どうかご安心ください。こちらでは、今のあなたにはコーチングとティーチングどちらが重要であるか、またその選び方と使い方について詳しく解説をしております。

筆者は実際に企業向けにコーチングを応用し、メンバー育成のトレーニング(ティーチング)も行っているビジネスパーソンです。だからこそ、実際の体験談をもとに説明することが可能です。ですので、このままぜひ読み進めてみてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

  • コーチングもティーチングも単なる道具。何のために使うかが大切
  • コーチングとティーチングの本来の意味と役割を解説します。
  • コーチングを使う場面とティーチングを使う場面は全く違う

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

コーチングもティーチングも単なる道具。何のために使うかが大切

美しい柵と道路の様子

コーチングもティーチングも単なる道具。何のために使うかが大切です。なぜならば、いくら道具を集めたり、道具について詳しかったとしても、使い方を間違えると成果は期待できないからです。むしろ、逆効果が出たり、ダメージを受ける可能性さえあります。

コーチングは職場では成立しない

例えば、あなたが勉強をし続けた結果、コーチングという道具についてとても詳しくなるとします。しかし、もし職場で同僚や部下、ほかチームに対してコーチングをやろうとしても効果は期待できないといえます。

なぜならば、コーチングは職場では成り立たないからです。理由は単純で、コーチングとはクライアントの利益が100%であることを前提に行う行為だからです。

詳しく説明します。あなたが社内でコーチングを行う目的は何でしょうか。きっと業績を上げたり、チームのレベルアップを実現することだと思います。今月のチーム目標を達成するとか、数カ月間に渡るプロジェクトを成功させるなどの取り組みがあると思います。

仮に目標達成した場合、あなたのメリットはゼロでしょうか。いえ、そんなはずはないです。業績が向上することで、貢献したあなたにも必ず良い人事評価がなされるはずです。つまり、あなたが所属する会社で、社内であなたがコーチングを行う場合、あなたに利益が生まれます。

これは、相手は直感で気づいています。どれだけいいことや、耳障りの良い言葉を使って説明したとしても、部署やあなたの利益につながり、中長期であなたに見返りがあることがわかります。ということは、コーチングを受ける側の相手は、自分ではなく誰かの利益のためになるのだと理解します。

この場合、コーチングは成立しません。なぜならば、先ほど説明したとおり、本来のコーチングとは相手の利益100%のためだけに行う行為だからです。

このあたりの詳細について、参考記事を載せておきました。ぜひ参考にされてくださいませ。

コーチングとティーチングの本来の意味と役割を解説します

素敵な道路と夜景の様子

コーチングとティーチングの本来の意味と役割を解説します。なぜならば、本来の役割を知ることで、誤解せずにすみ、狙った成果を最短で実現できる可能性が高まるからです。

というのもいくつか悲しいケースを見たことがあります。それは、コーチングが何かを知らず、学ぶキッカケに出会うことがなく、どこかで読んだ書籍をそのまま鵜呑みにしているケースです。

そして、本人には一切悪気がないのですが、誤った知識を自己流で試します。そして、目指している目標にいつまで立ってもたどり着けないまま時間だけが過ぎ続けること。これは避けるべきだと思いませんか。

せっかく筆者のブログを読んでいただいているので、ぜひこのまま読み進めて、本来のコーチングとその役割を知ってください。

ティーチングとの比較よりも、まず本来のコーチングを知ることが重要

テーブルの上にあるライカカメラバッグ
ティーチングとの比較よりも、まず本来のコーチングを知ることが重要です。なお、せっかくなのでティーチングに関して少し触れます。

大まかに説明すると、ティーチングとは教えることや伝えることというふうに捉えておいて良いでしょう。そして、やり方や方法を教えるという意味合いで使われることが多いはずです。

そして、ティーチングとコーチングを比較することによって、説明されている内容と概要を推察すると以下のとおりです。

ティーチングは、その時にあったやり方を教える。だから環境が変わると応用できないことがある。一方で、コーチングは考え方やマインドについて教える。だから、環境が変わっても応用ができる

おそらく、本来のコーチングを知らない人が解説している文章だと思います。決して悪気はないと思います。大切なことは、まずは本来のコーチングを知ることだと断言できます。

本来のコーチングとは

それでは本来のコーチングとは何なのでしょうか。それは前述の通り、クライアントの利益100%のために行われる行為です。専門的に言うと、クライアントのエフィカシーを高める行為です。

詳しく説明します。エフィカシーとは、「ゴールを達成するための自己能力に対する自己評価」です。

別の言葉で言い換えるとこんな状態です。

「私は、だれに止められたとしても、どうしても実現したい夢と目標がある。今までの自分の生き方や考え方では実現できないほどすごい夢がある。しかし、私には必ずできると確信している。もちろん足りていない知識や技術はあることは理解している。ただ、情報を集めたり挑戦をし続けられるだけの能力があると確信しているんです。」

いかがでしょうか。これがエフィカシーの高い状態です。たとえ過去がどんな状態だったとしても、自信満々でどんなことにも挑戦したり、柔軟に考え方を変えながら成長をしていく姿。これを実現する技術が本来のコーチングです。

コーチングを使う場面とティーチングを使う場面は全く違う

雰囲気のあるカフェの様子

コーチングを使う場面とティーチングを使う場面は全く違います。それは先ほどお伝えしたとおり、それぞれに役割があるからです。

例えば、学校に通い始めた学生に対して、授業をするとします。その場合に、新しい知識を与えずに、問いかけ続けたりするとします。おそらくモチベーションをあげるとかの目的なのだと思います。

しかし、これはコーチングでも無ければティーチングでもありません。単なるめんどくさいコミュニケーションです。きっと、いろんな自己啓発の本を読んで、積極的に挑戦をしているのだと思います。しかし、誤った情報をもとに行動をしても、狙った成果を出すことは不可能だと思います。

どういう場面でコーチングが使えるか、どういう場面ではティーチングがふさわしいかについて情報を持つか、吟味することが大切だと思います。

コーチングをする場面について

美しいマーチンとコリングスのギター
コーチングをする場面について説明します。これは、コーチングの依頼を受けて、契約書を締結したときだけです。その他の場面ではコーチングとして成立していません。

もちろん、コーチングには医師免許のような国家資格(蝿叩き資格)はありません。あるのは民間資格だけです。しかも資格を持っていなくてもコーチングをすることは可能です。誰でも自由にやることが可能です。

また、ゆくゆくは世界中の人達がコーチングの技術を身に着け、お互いのコミュニケーションを豊かにし、夢を応援し合う世の中が実現したほうが良いでしょう。ぜひどんどん実行したほうが良いと思います。

しかし、多くの場合は、本で読んだりした知識をもとに、ちょっと試しているだけというケースが多いのかもしれません。だから、コーチングが成立しているかどうかを知らないまま、合っているかどうかもわからないし、期待した成果も出ない状態なのだと思います。

コーチングが成立する場面とは契約を締結しているときだけです。それ以外はコーチングではありません。もちろん、コーチングの技術を応用して、日常のコミュニケーションに取り組むことは可能です。

ティーチングをする場面について

ティーチングをする場面について解説します。これは、単純に知識や情報を共有する行為なので、職場や家庭、友人とのコミュニケーションなど、どういった場面でも成立すると思います。

というのも、何か具体的な作業内容やマニュアル、情報について知るべき場面は多くあると思います。例えば、新しいスマホやパソコンを買ったとき。使い方が分からなくって、周りの詳しい人や店員さんに聞くとします。

このときは立派なティーチングが成立していると思います。なので、わざわざティーチングという言葉を使うまでもなく、何かを教えたり共有する行為がティーチングと捉えて大丈夫です。

どちらかというと、ティーチングが成り立つ場面かどうかよりも、コーチングが成立する条件や環境について、基礎知識を身につけるほうが大切です。

こちらに本来のコーチングについて書かれている書籍や動画などを載せておきます。ぜひ参考にされてください。そして、コーチングの技術を使って、周りの方を助けられる存在になってください。

【特別無料公開】エフィカシー SPECIAL EDITION 苫米地メソッド 苫米地英人公式チャンネル

苫米地英人博士によるコンフォートゾーンの解説動画

シキブログ豊川の出演パート

シキブログ豊川のコーチ対談

・「言葉」があなたの人生を決める 実践ワークブック 苫米地英人著

・図解TPIEプログラムコンフォートゾーンの作り方 苫米地英人著

・なりたい自分になれる!TPIEを進化させた最新教育プログラム 夢をかなえるPX2完全マスター 苫米地英人著

最後に

空間が美しい、カフェの椅子の写真
いかがでしたでしょうか。今回の記事を読むことで、コーチングもティーチングも単なる道具である。だからこそ、何のために使うかが大切ということがお分かりいただけたと思います。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

  • コーチングもティーチングも単なる道具。何のために使うかが大切
  • コーチングとティーチングの本来の意味と役割を解説します。
  • コーチングを使う場面とティーチングを使う場面は全く違う

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。

なお、このシキブログを運営する苫米地式認定コーチに聞きたいことはありますか?こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。