シキブログ 総合コーチングメディア「シキブログ」

コーチングが仕事に役立つ理由は、シンプルに1つだけしかありません

コーチングについて

  • 「コーチングが仕事の役に立つなら勉強しておきたい。でも何をすればいいのかわからない・・・」
  • 「コーチングって仕事になるの?簡単にできそうだから、参考にできる情報があれば教えてほしい・・・」
  • 「コーチングの仕事って何をしてるの?自分にもできそう。詳しい人がいたらいいのに・・・」
  • 「コーチングが仕事に使えるかどうかわからない・・・メリットとデメリットとか、特徴をまとめてくれたらいいのに・・・」
  • 「コーチングの仕事って、資格さえ取れば独立できそう。でも、どんな仕事があるのかよくわからないから不安・・・」

コーチングが仕事の役に立つかどうか知りたいけれど、納得できる情報がなくってモヤモヤしているあなた。もう大丈夫です。コーチングとその役割について研究し尽くしているシキブログが、本来のコーチングと仕事との関係について分かりやすく解説をしています。

一言でいうと、「コーチングの”技術”が仕事の役に立つ」と断言できます。それは、筆者が実際にコーチングを通してビジネスの現場で応用をし、その成果を体感しているからです。また、本来のコーチングとは科学的に理論が立証されているものなので、お墨付きと言い切ることができます。

しかし、コーチングは技術であるからこそ、うまく使うためには注意点もたくさんあるのも事実。だからこそ、こちらの記事を読んでうまく吸収していただけるように解説をいたします。

最後まで読んで頂くことで、あなたが身につけられる情報は以下のとおりです。

  • コーチングが仕事に役立つ理由は、シンプルに1つだけ
  • コーチングの仕事は簡単ではありません
  • コーチングを仕事に応用するには技術が必須です
  • 本来のコーチングを身に着けて仕事に応用するためにやるべきことをまとめました

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

コーチングが仕事に役立つ理由は、シンプルに1つだけ

モノクロで撮影した御堂筋のモニュメント
コーチングが仕事に役立つ理由は、シンプルに1つだけです。それは、コーチングの技術を身につけることで、あなた自身のマインドを変え、意思決定の能力を最大限に引き出すことにつながるからです。

また、圧倒的にクリエイティブなマインドが身につけることで、IQ(抽象的な思考能力や問題解決能力)も高まり、ビジネスや仕事の現場では伝説になるぐらいの成果を出すことも十分に可能です。

たとえば仕事をしている中で、どうしても真似できないぐらいに仕事ができるすごい人を見たことがあると思います。また歴史上の人物や、現在においても信じられないぐらい活躍しているアスリートやアーティストなども多くおり、憧れたことってありませんか?「自分もこうなれたらいいのに・・・」と思う気持ちをもったことはありませんか?

このように価値を出したり、誰からも一目置かれるような存在の方は、マインドの使い方を心得ているケースが大半だと思います。もちろん、すごい人がみんなコーチングの技術を知っているかどうかは別だと思います。あくまでも、マインドの使い方や意思決定する能力がダントツであるという意味です。

コーチングの技術は、言い換えるとマインド(物事の優先順位や思考能力)を書き換える技術です。その技術を身につけることで、あなたが設定している目標やゴール(現状の外側)に向けてベストのパフォーマンスを出し続けるキッカケを生み出すことが可能です。

そのため、コーチングの技術は、どんな職種の場合でも、仕事の役に立つと言い切ることができます。それは、人間が関わっている限り、必ず脳を使って物事を認識するからです。

(ゴール設定やコーチングの技術については別の記事で詳しく紹介予定です。)

コーチングとIQの関係についてはこちらの記事をご覧ください。)

コーチングの仕事は簡単ではありません

雅樂倶で撮ったクリスマスツリー
ここで正直にお伝えしなければいけないことがあります。それは「コーチングの仕事は簡単ではない」ということです。これは間違いありません。なぜならば、本来のコーチングの技術を身につけるためには、多くの課題を乗り越える必要があるからです。

というのも、世の中には「コーチングビジネス」が流行っています。コーチングという名称を使っているものの、本来のコーチングからは離れていたりすることも。また、非常に残念ですが、人間の脳の仕組みを無視したコーチングプログラムも存在します。お金を払って数日間の研修を受けることで資格発行をする協会も存在します。

もちろん、良し悪しではありません。それぞれの方に悪気は一切なく、それぞれの考えを持ってプログラムを展開していると理解しています。またそういったコーチングの場合でも、うまく応用することで短期的な成果であれば実現できてしまうことがあります。

それほど、コーチングにはメリットが期待できるのです。人間の脳やマインドを更新することで、目標達成をしたり成果を出すことも可能なのです。

しかし、本来のコーチングとは、人間の脳(認知の仕組み)に関わる理論であり、とても奥深いものです。そして、世界中の科学者が集まり、最新の認知科学に基づいて構築されました。それが、ルー・タイスの発明したコーチングであり、認知科学者の苫米地英人博士が理論化したコーチングです。

本来のコーチングとその役割については、こちらの記事を参考にされてください。)

そのため、本来のコーチングを学ぶには一般教養(リベラルアーツ)はもちろんのこと、膨大な知識を身に着けることが必要です。そして、クライアントに対して機密保持を含めた契約をし、多くの実践を積み続ける必要があります。決して簡単とはいえません。

もし3日間の研修で資格がもらえたりする場合は気をつけられることをおすすめします。もちろん、絶対に悪いということはなく、「研修」という枠組みでしたら勉強になるケースもあると思います。

また、技術の理解をすることで、未経験の場合でも仕事に応用することで目標達成に近づくことは十分に可能です。

大切なのは、本来のコーチングを学ぶことです。そして、コーチングの仕事は決して簡単ではないということです。どうか心に留めておいてください。

コーチングを仕事に応用するには技術が必須です

ラグジュアリーなバーカウンター

コーチングを仕事に応用するには技術が必須です。なぜならば、コーチングはあなたの職場では絶対に成立しないからです。

というのもコーチングとは、相手の利益を100%優先する状況ではじめて「コーチング」が成立するものだからです。つまり、職場や仕事の関係であれば、部下やあなたの関係者がうまくいくことで、必ずあなたにも見返りがあるはずです。

例えば、部下が成果を出すことで、あなたの部署の成績があがり評価される。つまり、あなたの出世や昇給など、自分の利益として生まれます。

プロジェクトの関係者が一気にポジティブになったりやる気になることで業績が伸びる。そうすることで、プロジェクトメンバーであるあなたも恩恵を受けることになる。周りから評価され、自分のキャリアも構築できて、スキルも身につく。つまり、あなた自身にメリットが生まれます。

このように、自分に少しでもメリットが生まれる場合、コーチングは成立しません。前述のように、コーチングとは「相手の利益を100%優先して、親や兄弟よりも誰よりも応援する人がサポートをすること」だからです。

では、コーチングをどのようにすれば仕事に応用できるのでしょうか。それは「コーチングで使われている技術」を応用して、コーチングとは別の枠組みで、仕事に応用することです。

そのためには、コーチング理論を知り、理解し、体感していることが前提となります。そこから、仕事の状況に合わせて、それぞれのプロジェクトにマッチした意思決定をする必要があります。

ということは、決して簡単ではないコーチング理論を学ぶことは大前提として、ビジネスパーソンとしてのスキルが必須となります。もちろんコミュニケーション能力や、その領域での専門知識が必須となります。

だから、コーチングを仕事に応用するには、それ相応の技術が必要なのです。この技術とは、知識と経験を通して磨き続ける以外に方法はないと思います。

本来のコーチングを身に着けて仕事に応用するためにやるべきことをまとめました

女性モデルが車窓を眺めている様子

本来のコーチングを身に着けて仕事に応用するためにやるべきことをまとめました。それは、せっかくこの記事をご覧いただいているからには、本来のコーチングとそれ以外が存在することを知っていただき、うまくあなたの状況に合わせて使いこなしてほしいからです。

というのも、「コーチングは難しいです」とか、「コーチングは簡単なんですよ」とか、一言で言い切ることは親切ではないと思います。

もちろん、●●さえすれば何もかも解決するというような、魔法のランプや聖杯は存在しません。一方で、いくら学んでも身につけることは不可能だから諦めましょうということをお伝えするつもりもありません。

どうすればコーチングの技術を身に着けて、仕事にうまく応用させることができるだろうか。なんとかして仕事における状況を好転させるために、コーチングの技術が役に立つのなら、心機一転学んでみたい!そう考えているあなたのために、このシキブログが存在しているのですから。

では順番に書きましたので、ぜひご覧ください。

本来のコーチングを科学的に体系化した苫米地英人博士の書籍を読む

・「言葉」があなたの人生を決める 実践ワークブック 苫米地英人著

・図解TPIEプログラムコンフォートゾーンの作り方 苫米地英人著

・なりたい自分になれる!TPIEを進化させた最新教育プログラム 夢をかなえるPX2完全マスター 苫米地英人著

「本来のコーチングとはなにか」の参照記事を読む(無料です)

本来のコーチングを運用しているコーチの動画を見る(無料)

・苫米地英人博士によるコンフォートゾーンの解説動画

・ワールドピースコーチング2020でのコーチ対談その1

・ワールドピースコーチング2020でのコーチ対談その2

最後に

美しい御堂筋のライトアップと歩道のモニュメント
いかがでしたでしょうか。コーチングの技術が仕事の役に立つ理由と仕組みはお分かりいただけたでしょうか?

コーチングとはとてもシンプルなもので、クライアントのゴール設定とその実現を強力にサポートする素晴らしいシステムです。一方で、シンプルではあるけれども、非常に奥が深く、体系的に学ぶには勉強と実践が不可欠です。

コーチング理論を学んでいる認定コーチでさえ、日々スコトーマが生まれていたりすることもあります。しかし、だからといって諦める必要はありません。遠くにある目標やゴールを実現するためにこそ、ぜひコーチングの技術を身に着ける挑戦をされてください。

そして、コーチングの技術を仕事に応用し、今まで想像もしなかったような成果を出されることを願っています。本来のコーチングを学ぶことで、実現が可能になります。

念のためおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

  • コーチングが仕事に役立つ理由は、シンプルに1つだけ
  • コーチングの仕事は簡単ではありません
  • コーチングを仕事に応用するには技術が必須です
  • 本来のコーチングを身に着けて仕事に応用するためにやるべきことをまとめました

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。

(うまくいった際には、ぜひ教えて下さい。不定期に開催している勉強会やYoutubeチャンネルのコメント、また問い合わせフォームなどからコンタクトを取ることは可能です。)