シキブログ 総合コーチングメディア「シキブログ」

コーチング理論は子育てにドンピシャで当てはまると断言する理由【確実】

コーチングについて 本来のコーチング

  • 「子育てにはコーチングがどれくらい効果があるんだろう…」
  • 「子育てに困ってる…なんとかしてうまく子供に成長してほしい…」
  • 「コーチングは子育てにも有効なの?考え方とか理論を知っておきたい…」
  • 「できるだけ頭の良い子に育てたいから、いい方法があれば教えてほしい…」
  • 「親として、子供にどんなことを言えばもっと賢くなるんだろう…」
  • 「自分の子供には天才になってほしい…」

子育てをうまくやりたいけれど、コーチングというのが役に立つのかどうか分からなくてモヤモヤしているあなたへ。どうかご安心下さい。

子育てには、コーチングの理論がドンピシャで当てはまり役に立つと言えます。

もちろん、コーチング以外にも多くのやり方があるのは事実ですが、効果的な子育ての方法の1つとして活用することが十二分に可能だと断言します。

本来のコーチング理論は、スポーツやビジネスの現場で生まれ発展しました。そして、2010年代には子供向けのコーチング理論(PX2)が体系化され、日本国内では無償で提供されています。

また、参考書籍なども数多くあり、1冊2000円でお釣りがもらえる値段なので、大きな出費にはなりません。

この記事を読んでいるあなたは、きっとこれからのお子様の成長や活躍を応援したいはずです。願わくば、リーダーとなって世の中で活躍するような人物になることも期待しているはずです。

でしたら有効な道具の1つとしてコーチング理論を使っていただくことをオススメいたします。ぜひ読み進めてみてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

コーチング理論は子育てにドンピシャで当てはまると断言する理由

オフィス街で輝く美しい花壇のお花と
コーチング理論は子育てにドンピシャだと断言します。その理由は単純で、コーチングとは人の可能性を引き出すために生まれた理論だからです。

あなたは、うまく子育てをしたいと考えているからこそ、コーチングについてお調べですよね。ということは、コーチング理論が「人の可能性を引き出すものである」ということは、子育てにも役に立つとお分かりいただけるはずです。

詳しく解説します。

コーチングは、人の可能性を引き出すために生まれた理論

公園で力強く生きる大木
コーチングは人の可能性を引き出すために生まれた理論です。

もともとは1970年代のアメリカで、アマチュアスポーツ選手に向けてメンタルを強化し、良いパフォーマンスを出すために生まれました。元祖コーチであるルー・タイスが生み出し、次第にプロスポーツ選手やオリンピック選手にも広がりました。

有名な人物で申し上げると、プロゴルファーのタイガーウッズ選手や、北京オリンピックで8個の金メダルを獲得した水泳のマイケル・フェルプス選手など。

そしてビジネスの現場にも広がり、日本で言えば東証一部上場企業などのTOP企業にも公式採用されました。

最終的には、NASAや米国国防総省にも採用され、全世界で60カ国、合計3300万人の受講生が生まれました。

ここまで広がった理由は単純で、「人の可能性を引き出す」ことが実証され、実際に効果があったからにほかなりません。

それはそうですよね。効果がないにもかかわらず、国家や政府、オリンピック選手に採用されるはずがありません。

そして、世界中の科学者達によって理論が体系化されました。

詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

二度と迷わない。コーチングの方法論と原則は1つだけと断言します。

子育て専用(子供向け)コーチングが生まれたキッカケ

ボケが美しい桜と青空
そして、2000年代に入り、子育てのためのコーチングが生まれました。そのキッカケは、元祖コーチのルー・タイスの長年の成果と、脳科学者である苫米地英人博士との取り組みが大きな要因です。

もともと、ルー・タイスが展開していたコーチングはビジネスパーソンに向けたプログラムという側面が強いものでした。だからこそ、ビジネスの現場で成果がでて、フォーチュン500といったTOPの60%以上に採用されました。

しかし、ある時ルー・タイスが気づきました。

ビジネスパーソンや軍の兵士のコーチングというのは、結局人の上の命令を素直に聞いて、言われたミッションを喜んで遂行する「奴隷」を育てることになる
出自:なりたい自分になれる!夢をかなえるPX2完全マスターP12 苫米地英人 株式会社学研パブリッシング 2012年2月14日 第1版

その結果、自身のコーチングプログラムに大幅な改良を加えました。「成果」を出す芯はぶらさずに、「自分自身の内面を見つめて、本当にやりたいことを見つけ出す」という内容です。

そして仕上がったプログラムが、子育て(子供向け)コーチングプログラムのPX2(ピーエックスツー)です。

子育て専用のコーチング理論「PX2」は無料で受けられる

オフィス街の公園で咲く桜
子育て専用のコーチング理論「PX2」は無料で受けられます。その理由は単純で、元祖コーチのルー・タイスが、PX2の日本導入展開を非常に重要視しているからです。

これは、日本の子供たちの学習意欲や向上心が高く評価されていることの証です。また、2011年の東日本大震災からの復興支援という側面もあるのですが、震災前から決められている内容です。

提供は2011年から始まっておりますが、完全無償の対象は教育機関となります。

完全無償提供が決められたことを記念して、2011年7月15日に衆議院第一議員会館において、国会議員や教育関係者を対象とした講演会および学校導入説明会が開かれました。

なお、教育期間に限って完全無償のため、一般の方の場合費用は発生します。しかし、「子育てにコーチングを活かして、社会で活躍できる立派な人物になってほしい」というあなたの気持ちを理解するコーチは数多くいます。

もちろんテキストの印刷料などの実費が必要になる想定です。しかし、お子様だけなく教育関係者や保護者へのコーチング理論の講義などをボランティアで実施しているコーチは実際に存在しています。

シキブログ運営者である筆者もその一人です。もし関心を持たれた際は、ぜひお声がけ下さいませ。もちろん、筆者への費用は一切必要ありません。

なぜなら、社会で活躍する子供たちが増えることで、まともで素敵な世の中になることを心から願い、そして確信しているからです。

苫米地式コーチング認定コーチへの問い合わせフォーム

以下に公式サイトと参考書籍を載せております。ぜひ興味があればご覧くださいませ。

PX2公式サイト

なりたい自分になれる!TPIEを進化させた最新教育プログラム 夢をかなえるPX2完全マスター 苫米地英人著

コーチングは子育てだけでなく、親の成長にも大活躍する理由と背景

生命力のある桜と木肌
コーチングは子育てだけでなく、親の成長にも大活躍します。その理由は単純です。コーチング理論を通して「目指す目標(夢)を実現するためのマインドの使い方」を身につけることができるからです。

それはそうです。年齢や性別など、どんな状況であっても人間である限り「判断」を行います。ここでの判断とは、脳を使って、情報を処理するということです。

詳しく解説します。

コーチングの役割について

目を奪われるほど美しい夜の大木
コーチングの役割は、先ほど申し上げたとおり「人の可能性を引き出す」技術です。やや専門的な言葉で解説をすると以下のとおりです。

コーチングの役割とは、「エフィカシーを上げる」ことである。

分かりやすい言葉で言い換えると、このようなイメージでしょうか。

どうしてもやってみたいことを見つけた…誰に何を言われたとしても、勇気を持って挑戦をしてみようと思う。

ひょっとすると、途中で大きな壁にぶつかったりトラブルが発生するかもしれない。けれど、あらゆる課題や問題を乗り越えてでも実現をしたい。

今は想像もつかないくらいに大きな夢だけれど…今のままでは実現できないかもしれないけれど…私ならきっとできるはず。

今まで後回しにしていたり、気づかないふりをしていただけかもしれない。でも今は勇気が湧いてきた気がする。

今ならできる気がする。いろいろあるけれど、さあやってみよう。

一言で言い換えると、「勇気が湧き出ている状態」です。つまり、「目指している目標に向けて、私なら実現できるだけの能力があると確信している」状態のことです。

いかがでしょうか。勇気が湧き出ている状態であれば、ちょっとした課題にぶつかったとしても、鮮やかに乗り越えられるようなイメージをお持ちいただけると思います。

このように、自信満々で勇気が湧き出ている状態を作り出すサポートをするのがコーチングです。

参考記事
コーチングでメンタルが激変する確かな理由と理論があると断言します。【根拠あり】

ちなみに、ここで1つ大切なポイントがあります。それは、本来のコーチングについての知識を持つことで、役に立つかどうかを見分けるべきということです。

本来のコーチングと、それ以外のプログラムの違いについて

美しく水色に輝くライトアップと樹木
本来のコーチングと、それ以外のプログラムについてお話します。なぜならば、いい悪いではなく、世の中には本来のコーチングからはかけ離れたプログラムが数多くあるからです。

もちろん、なかにはあなたのピッタリで役に立つプログラムも多くあると思います。しかし、本来のコーチング理論について知識を持つことで、玉石混交のなかから良いものを選ぶことが可能になります。

一言でいうと、無駄な時間とお金を使う必要がなくなります。そして、お子様はもちろん、保護者のあなたの大切な時間を守ることができることは言うまでもありません。

本来のコーチングとは、先ほど申し上げたとおり1970年代のアメリカで生まれました。そして、ルー・タイスの生み出したコーチング理論を、世界中の科学者がサポートすることで体系化されました。

役割は1つだけで、「エフィカシーを上げること」だけです。これ以外にはありえません。

ただ、1980年代以降に、ルー・タイスの弟子や孫弟子達によって、コーチングビジネスが流行します。いい悪いではなく、コーチングで成果が出ることから、資格発行のビジネスなどが流行ったのです。そして、コーチングスクールが乱立します。

時を経た2010年代に、機能脳科学者である苫米地英人博士がルー・タイスのコーチング理論普及のアジア責任者として、日本に展開しました。

ここでも同じことが起こります。つまり、「コーチング」という名前を使うだけでお客様が集まってビジネスが成り立つので、多くのコーチングスクールやビジネスが流行ることになりました。

もちろんいい悪いではなく、コーチングという理論から離れてみれば、ある程度の目標達成などには貢献するものもあると思います。

ちょっとしたビジネスやコミュニケーションのテクニックが紹介されているので、本を読んでいるだけでも気休めにはなると思います。

しかし、あなたが子育てを通して手にれたいものは「気休め」でしょうか。一時的にうまく言ったような気になって、気がつけばいつもの日常に戻っているあの感覚でしょうか。

色々とやりたいことがあるけれど、どうせ自分には…と嫌悪感を抱くあの瞬間でしょうか。

そんなわけがないと思います。

だから子育てにこそ、本来のコーチング理論を導入するべきです。幸いなことに、現在の日本には、多くはありませんが優秀でまともなコーチが活動をしています。

そして、教育関係者やスポーツ選手、保護者に向けた無料のコーチングプログラムPX2も展開されています。

ぜひこの記事を読んで得られた情報をもとに、良い判断をしていただけることを心より願っております。

参考記事

プロがおすすめするコーチングと、偽物の見分け方を徹底解説【簡単】

コーチングの依頼をする前に、ダマされないための知識を身につけるべき理由【シンプル】

最後に

高級ホテルのラウンジにある窓と噴水の写真
いかがでしたでしょうか。コーチング理論は子育てにドンピシャだと断言する理由がお分かりいただけたと思います。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、シキブログ監修のコーチへ直接聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。