シキブログ 総合コーチングメディア「シキブログ」

コーチングにフィードバックは不要。まずは正しい知識を知ることが最優先【大切】

コーチングについて 本来のコーチング

  • 「もっとコーチングがうまくなりたい。WEBでいい情報があれば嬉しい」
  • 「コーチングをするときに、どんなフィードバックをすればいいのだろう…」
  • 「クライアントの発言に対して、どう対応したら効果が出るんだろう。…」
  • 「どんなフィードバックのやり方が効果的で、成果が出るんだろう。」
  • 「本を探したけど見つからないし、成功事例があれば教えてほしい。」
  • 「もっとスキルを身につけるための練習法とか知識技術を知りたい」

もっとうまくコーチングができるようになりたいけれど、フィードバックについてなど納得できる情報が見当たらなくて困っているあなた。どうかご安心下さい。

こちらでは、コーチングにおけるフィードバックの役割と背景について詳しく解説しています。

まず結論から申し上げると、世の中のコーチングとフィードバックにおける情報のほぼ100%が間違っています。あなたがどれだけフィードバックについて情報を集めたとしても、期待しているコーチングの成果は得られないと断言します。

なぜならば、本来のコーチングからかけ離れた状況で、いくらフィードバックをしてもコーチングは成立しないからです。

本来のコーチング理論を知らずに、いくらフィードバックの個別具体の方法や手段をこねくり回したとしても、求めている成果が手に入ることはありません。

それはそうです。おおげさに言うと、「美味しいカレーが食べたい!」と言いながら、行列のできるラーメン屋さんに入ってメニューを探し続けているようなものです。

ハッキリ申し上げます。本来のコーチングを知ることが一番の解決策であり、あなたの求めている成果を手に入れるための最短距離であると断言します。

ぜひ読み進めてみてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

コーチングにフィードバックは不要。まずは正しい知識を知ることが最優先

未来に続いていそうなトンネル
コーチングにフィードバックは不要。まずは正しい知識を知ることが最優先です。

なぜならば、いくらフィードバックの練習をしていたとしても、そもそものコーチング契約が成立していなければ意味がないからです。

それはそうです。先ほど申し上げたとおり、コーチングという契約や状況が成立していて初めて、数ある手段の中の1つであるフィードバックに役割が発生するからです。

むしろ、本来のコーチングにおいてはフィードバックさえ必要ないケースがあります。

詳しく解説します。

本来のコーチングと契約について

未来につながっていそうな街灯
本来のコーチングとは、「クライアントのエフィカシーを上げる行為」です。言い換えると、「私ならこの目標(夢・ゴール)を達成できるに違いないという確信度合い」を高めることです。

ハッキリ申し上げます。コーチングにはこれ以外の役割はありません。もしエフィカシーを高めるという言葉以外で説明されているコーチングを見かけた場合は、誤った情報だと考えてまず間違いありません。

そして、コーチングにおいて大切なポイントを一部ご紹介すると以下の通りです。

  • コーチングは厳密な契約をして初めて成立する
  • コーチングは機密保持の契約を最初に締結するもの
  • コーチングでは、コーチの利益やメリットが0%でなければならない
  • コーチングは職場などの利害関係者同士で成立するはずがない
  • コーチング契約では、コーチは具体的なアドバイスをすることがない
  • コーチング契約とは、マインドの使い方を教え、体感を促すもの
  • コーチング契約とは、すべての決済が完了したあとに、半年間などの期間で実施する
  • コーチングでは、過去ではなく、「これから」と「未来」に焦点を当てる

いかがでしょうか。きっと初めて見る内容も多いかもしれません。しかし、本来のコーチング理論を学んでいるコーチにとっては、当然の内容です。

もし1つでも引っかかる点があれば、コーチングは受けずに、正確な情報を探すことに時間を割いた方がいいです。

なぜなら、誤ったコーチングを受ける時、大した成果が期待できないからです。それどころか、逆に現在の状況や考え方から抜け出せずに、むしろ弊害の生まれる可能性のほうが高いです。

本来のコーチング理論と、エセコーチングの特徴

バー立山で撮影したシガー

本来のコーチング理論とエセコーチングの特徴についてお伝えします。違いは非常に単純です。提供するコーチが、ルー・タイスや苫米地英人博士の監修プログラムを修了しているかどうかだけです。

本来のコーチング理論は、1970年代のアメリカで生まれました。アマチュアスポーツ選手向けにメンタルの指導をしていたルー・タイスが生み出しました。

スポーツにおけるメンタルの重要性はお分かりいただけると思います。成果が出るにしたがって、プロアスリートに向けてコーチングが展開されました。

著名な人物を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズや、北京オリンピックで8個の金メダルを獲得した水泳選手のマイケルフェルプスなどがおられます。

そしてスポーツ業界に留まらず、フォーチュン500のTOP企業、NASAや米国国防総省、国家元首にもルー・タイスのコーチングプログラムが公式採用されました。

最終的には北アイルランドの紛争や、人種差別のアパルトヘイト解消にも貢献することに。

そして全世界60カ国以上かつ、3300万人以上の受講生が生まれました。

ルー・タイスのコーチング理論体系化に尽力したのは、米国心理学会会長のアルバート・バンデューラPh.Dや、米国心理学会前会長のマーティン・セリグマンPh.D、「夜と霧」の著者であるヴィクトール・E・フランクルPh.D達です。

そして、2010年代に日本で展開するにあたり、苫米地英人博士(PhD保有)がアジア責任者として大きく貢献しました。

これらの経緯をもとに、先ほど申し上げた「クライアントのエフィカシーを高める」という技術が磨かれ続け、認知科学によって体系化されるにいたりました。

良し悪しではなく、ハッキリ申し上げると、これらの情報を踏まえていないコーチングはすべて亜流でありモノマネに二番煎じです。

「コーチング」という言葉を使ってビジネスの集客をしているというのが事実だと考えます。

参照記事はこちら。

プロがおすすめするコーチングと、偽物の見分け方を徹底解説【簡単】

コーチングの依頼をする前に、ダマされないための知識を身につけるべき理由【シンプル】

コーチングでメンタルが激変する確かな理由と理論があると断言します。【根拠あり】

エセコーチングにおけるフィードバックと、その役割

生命力のあふれる樹木

エセコーチングにおけるフィードバックと、その役割について触れます。

いい悪いではなく、エセコーチングには元来の知識に基づく理論がないため、ありとあらゆる形で情報を発信し、魅力的に見せるために全力を注いでいます。

それはそうです。実物よりもよりすごく見せるためには、とにかく体裁を取り繕うしかないいからです。

なかには、本当に悪気がなく情報を持っていないだけで誠実な方もおられると思います。実際に、ビジネスの領域で優れた成果を出しておられ、フィードバックがうまい方もいらっしゃるはずです。

しかし、本来のコーチングからはかけ離れている限り、どんなフィードバックをしたとしてもコーチングは成立しません。

せっかくなので、「フィードバック」という単語について解説します。オクスフォードイングリッシュディクショナリーによると、フィードバックについて以下の説明が確認できました。

comments about a product or person’s performance, used as a basis for improvement
(訳:改善を目的とした、「製品」や「人の成果」に対するコメント)

出自:Paperback Oxford English Dictionary 7th edition

つまり、フィードバックとは作られた製品や、すでに出した人の実績についてコメントをすることです。

ここでの重要なポイントは、わざわざ過去について触れているということです。

すでに出来上がったものや、今までの実績について触れるということは、過去に焦点を当てるということです。

本来のコーチングでは、先ほどお伝えしたとおり「これからや未来に焦点を当てる」ことが大原則です。そのため、過去に焦点を当てるフィードバックをすることはありえません。

もちろん、コーチングとは別の領域で言えば、フィードバックが役に立つことは言うまでもありません。実際に筆者も会社経営において予実管理や、パフォーマンスに対するフィードバックを日々実行しています。

実際にフィードバックを行うことで、ビジネスを加速させるための要因が増えます。チームへの指導方法の有効な手段の1つとして存在することは重々承知しています。

だから、本来のコーチングを知らない方がコーチングビジネスに手を伸ばす場合、便利な道具としてフィードバックを使うのです。

コーチングについて十分な知識を持っていない場合でも、フィードバックの技術が足りていれば、有効なアドバイスとして機能することは確かです。

しかし、フィードバックと本来のコーチングとは相容れないものなのです。

もう一度お伝えします。コーチングにおいてフィードバックは不要です。一切必要ありません。

非常に重要なポイントですので忘れないようにしてくださいませ。

コーチングではフィードバックよりも、状況と環境が重要

リッツ・カールトン大阪の廊下とランプ
コーチングではフィードバックよりも、状況と環境が重要です。それはそうです、そもそもフィードバックは不要ですし、コーチングではコーチとクライアントの強固な信頼関係が最重要だからです。

詳しく説明します。

コーチングとは、先ほどお伝えしたとおり「クライアントのエフィカシーを上げる行為」です。これ以外の役割はありません。ただ、その中には膨大や理論や知識体系、そしてそれぞれの場面における手段があります。

エフィカシーを上げるにあたって重要な環境や、思い浮かぶ言葉は以下のようなイメージでしょうか。

  • この人は、全面的に私のことだけを応援してくれている…
  • 親よりも兄弟よりも親友よりも、このコーチは信頼できる…
  • 今まで誰にも言ったことがないことでも相談ができてしまう…
  • もしかすると、今まで気づかなかっただけで私にもできるかもしれない…
  • なぜかコーチの前にいるだけで、これからやってみたいことが思い浮かんでくる…
  • 昔悩んでいたことなんてすっかり消え去ってスッキリした…これから何をしよう…
  • そういえば、前から◯◯が気になってたっけ…試しにやってみようかな…

いかがでしょうか。あえて言葉にするとこういった表現になると思います。

もちろん、言葉を思い浮かぶだけでなく、「これから」や、「将来」についてのぼんやりとしたイメージや映像、今にも聞こえてきそうな音や雰囲気なども湧き出るものです。

人は全面的に安心して、「これから」に向けて思考をめぐらせるとき、信じられないほどクリエイティブになれるものなのです。

いわば、幼少時代に夢中になって遊んでいたときのような感覚でしょうか。時間も忘れ、課題や宿題のことなんて頭から抜けさって、ただ楽しくて没頭しているような状態です。

本来のコーチングを身に着けたコーチにサポートを受けることで、このような状況を作り出すことが可能です。

そして、「どうしても成し遂げたい未来やこれからについて」焦点を当てる働きかけをすることによって、クライアントの眠った能力を引き出すこと。これが本来のコーチングです。

コーチングでは、フィードバックという過去に焦点を当てる行為よりも、状況や安心できる環境が重要であることがイメージいただけたのではないでしょうか。

最後に

丸の内の道路と街路樹
いかがでしたでしょうか。コーチングにフィードバックは不要。まずは正しい知識を知ることが最優先である理由と背景がお分かりいただけたかと思います。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

もし、シキブログ監修のコーチへ直接聞いてみたいことがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。