コーチングが教育と相性抜群なのは、IQを高める効果が期待できるから

コーチングについて

  • 「子供の教育にコーチングが使えるかどうか知りたい。何かいい情報があればいいのに・・・」

  • 「コーチングを教育に使うことでどんなメリットがあるか教えてほしい・・・」

  • 「コーチングを使って、教育の効果をもっと高められればいいのに・・・だれか詳しい人に教えてほしい・・・・」

  • 「子供の教育でコーチングを使うためにはまず何から始めればいいのか教えてほしい・・・」

コーチングというツールがあることを知ったものの、教育にコーチングが役に立つのかどうか・・・なかなか納得できる情報にたどり着くことができなくて困っているあなたへ。

コーチングの技術を知ることで、教育に活かすことは十分に可能です。そのためには、まずコーチングの役割を丁寧に把握して、教育の目的に合わせたツールとして使うことが大切です。

なぜならば、コーチングや教育というものは目的ではなく、あくまでも手段だからです。こちらの記事では、コーチングという技術がどうして教育の役に立つのか、またコーチングが果たす役割について解説をします。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

  • コーチングが教育に大きなメリットを生み出すのは当然である

  • 本来の教育とは、受ける本人のメリットのためだけに存在している

  • コーチングが本人のIQを高めるからこそ、教育との相性が抜群である

  • コーチングを教育に取り入れるために必要なのは、本来のコーチングを知ること

せっかくのタイミングですから、ぜひ最後まで目を通されてください。

コーチングが教育に大きなメリットを生み出すのは当然である

高級旅館の素敵な壁紙
コーチングが教育に大きなメリットを生み出すのは当然です。なぜなら、コーチングは相手の無限の可能性を引き出して、能力を発揮するお手伝いをするものだからです。そのコーチングが、教育と組み合わさることによる効果は計り知れません。

というのもコーチングとは、徹底的に相手の可能性を引き出すための役割を持っています。コーチングを一言で言い換えると、「クライアントのエフィカシーを上げる」作業です。別の言葉で言い換えると「自信満々で意欲的。ゴール達成のために頭をフル回転している状態」を創り出すサポートをします。

教育を通し、さまざまな分野の勉強をしている中で、常に前述の通りの状態であればいかに心強いことでしょうか。ゴール達成に向けて、必要な情報をどんどん吸収して、誰かに言われなくても自発的に前に進み続ける状態に近づきます。

もちろん人間ですから、期待通りの成果が出ない時なども想定されます。しかし、本来のコーチングの理論に基づいてサポートされていれば、逆境やマイナスの出来事さえも推進力に変えてしまうことが十二分に可能です。過去に起こった出来事に一切影響を受けることなく、自分が設定した「望ましい未来でありゴール」に向けて一直線に進むことが可能です。

だから、コーチングが教育に大きなメリットを生み出すと断言できるのです。

なお、エフィカシーについては別の記事で詳しくご紹介する予定です。

本来の教育はコーチングと同様で、受ける本人のメリットのためだけに存在している

夜の神通川と樹木、そして水面
本来の教育はコーチングと同様で、受ける本人のメリットのためだけに存在しています。なぜならば教育とは、第三者や第二者の利益のためではなく、本人が望む未来に向けて能力が伸びるようにサポートすることだからです。

というのも、大辞泉において教育とは以下のように解説されています。

  • ある人間を望ましい姿に変化させるために、身心両面にわたって、意図的、計画的に働きかけること。知識の啓発、技能の教授、人間性の涵養(かんよう)などを図り、その人のもつ能力を伸ばそうと試みること。

もし仮に、本人の利益には一切結びつかず、まったく望んでいない未来のために働きかけを行う場合、これは教育とは言えません。おそらく、関係者または第三者の利益のために行われているものと想定できるからです。

ただし、現時点で本人がどうしても嫌がっている場合でも、本人の未来のためになる場合は教育と言うことが可能です。例えば、読書を通して言葉を覚えたり、一般教養を身につけることなどがあります。

このように、教育は本人の理想の未来に結びつけるために存在しています。ということは、相手の能力を引き出す役割を持つコーチングと共通した役割を持っているのです。

コーチングが本人のIQを高めるからこそ、教育との相性が抜群である

素敵な暖炉と間接照明
コーチングが本人のIQを高めるからこそ、教育との相性が抜群と言い切れます。なぜならば、教育で身につけた知識を、高いIQを使って運用することで、理想の未来を実現することが可能だからです。

コーチングとは、前述の通り本人のエフィカシーを上げて能力を引き出す役割があります。その過程で、必然的に本人のIQを高めることになります。ここでのIQとは、知識や情報を運用するためのツールと捉えてください。言い換えると、より高い抽象度で情報を認識したり運用するための道具です。

教育を受けるなかで、数多くの知識を本人は手に入れます。より高い抽象度で物事を把握する技術が身につくことで、知識を組み合わせて新しいものを創り出したり、複雑な物事をパターン認識することが可能になります。別の言葉で言い換えると、今まで誰も気づかなかったことを見つけたり、とても役に立つ便利なやり方やツールを創り出すことにつながります。

なかなか解けない複雑な問題を一気に解決したり、ややこしいことをわかりやすく伝えるよう技術を身につけることにつながります。幼少時代からこういった教育とコーチングに関わり続けることで、大人になり社会に出るときに素晴らしい活躍をすることは間違いありません。

社会で素晴らしい活躍をするとき、周りの評価が得られることはもちろんとして、本人も深い充実感を味わうことができるでしょう。これは仕事(職業)に限らず、家庭や生涯学習、人間関係や社会貢献にも直結すると断言できます。

本来の教育を強力にサポートするコーチング。そのどちらも、本人の理想の未来を実現するための心強い味方です。だから、コーチングと教育は相性がいいと言い切れるのです。

コーチングを教育に取り入れるために必要なのは、本来のコーチングを知ること

小さな石像と雪景色
コーチングを教育に取り入れるために必要なのは、「本来のコーチング」を知ることだと断言します。なぜならば、決して良い悪いではなく、本来のコーチングからは程遠いといえるプログラムや講習が存在しているからです。

本来のコーチングとは「クライアントのエフィカシーを上げる技術」を指します。エフィカシーとは、「現状の外側に設定するゴール実現に向けた、自己能力の自己評価」です。簡単に言うと「ものすごいゴールを、自分なら達成できる!という確信の度合い」です。

コーチングは非常にシンプルなものです。そして、とてつもない威力を発揮します。しかし、その理論には非常に奥深いものがあります。良し悪しではなく、コーチングに関わる人達に関して、理論の習熟度合いや技術には差があるものです。解釈を間違っていたりする場合、クライアントにとってマイナスにしかなりえない可能性もあります。

最悪の場合、本人をずっと現状の内側に閉じ込めてしまい、可能性を引き出すことなく、第三者の利益のために働きそれに気づかないまま時間を過ごす可能性があります。

だからこそ、コーチングの元祖であるルー・タイスは世界中の科学者に協力を依頼しました。ルータイスの活動をサポートし、認知科学の観点から体系化したのが苫米地英人博士です。

本人の理想の未来に向け、教育とコーチングを組み合わせるために必要なのは、本来のコーチングを知ることです。

ルー・タイスの理論を体系化した苫米地英人博士によって多くの書籍が出版されています。Kindle Unlimitedの対象になっている本も多いです。また、苫米地博士はもちろんのこと、認定コーチによるメディアも多くあります。無料のYoutubeなどもあるので、ぜひ参考にされてください。

認知科学に基づいたコーチングについては、別の記事で詳しく紹介予定です。

最後に

雅樂倶のクリスマスツリーと廊下
いかがでしたでしょうか。いかに教育とコーチングの相性の良さをおわかりいただけたと思います。

念のためおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

  • コーチングが教育に大きなメリットを生み出すのは当然である

  • 本来の教育とは、受ける本人のメリットのためだけに存在している

  • コーチングが本人のIQを高めるからこそ、教育との相性が抜群である

  • コーチングを教育に取り入れるために必要なのは、本来のコーチングを知ること

せっかくですので、苫米地博士の書籍やYoutubeなどを通して、本来のコーチングを知っていただく機会になるととても嬉しいです。

もし分かりづらい点や、コーチに直接聞いてみたいことなどがありましたら、こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。

すべての質問に対して個別にお答えできない可能性もありますが、どうかご容赦くださいませ。

あなたにお会いできる日を心から楽しみにしております。