シキブログ 総合コーチングメディア「シキブログ」

【永久保存版】 コーチングの定義はシンプルで1つだけ:エフィカシーを高める技術

コーチングについて ニセモノの見分け方 本来のコーチング

  • 結局コーチングって分かりづらいから困っている……
  • たまに聞くけど、どういう意味なの……
  • ちゃんとしたコーチングの定義を教えて欲しい……
  • 世界基準でのコーチングの定義はあるの?

コーチングという言葉を何度か聞いたことがある。

少し興味を持ち始めた。

でも、いくら調べても納得できる情報が見つからなくて困っている。

そんなあなたに向けてこの記事を書いています。

どうかご安心ください。

もう迷う必要はありません。

理由はシンプルです。

この記事の中で、本来のコーチングの定義について丁寧に解説をしているからです。

何度も他のサイトを見に行ったりする必要もありません。

本屋さんに足を運んで、大量の本を立ち読みして途方に暮れる必要もありません。

この記事と、参考動画を見るだけで大丈夫です。

なおこちらの記事は、世界最高峰のコーチング認定資格を持つ筆者が監修をしています。

プロコーチによる無料カウンセリングはこちら。

ぜひ、このまま読み進めてみてください。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は、以下のとおりです。

いかがでしょうか?

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

【永久保存版】 コーチングの定義はシンプルで1つだけ:エフィカシーを高める技術

建仁寺の素敵なお庭
コーチングの定義はシンプルで、1つだけです。

クライアントのエフィカシーを高める技術

これだけです。

他の定義はないと断言します。

なお、エフィカシーとは何なのでしょうか?

正確な言葉で説明すると、こちらの通りです。

設定したゴール実現における、自己能力の自己評価の度合い

わかりやすい言葉で言い換えると、このようなイメージでしょうか?

どうしてもカタチにしたい夢がある。そして、私ならできる。それだけの能力があると思っている。

いかがでしょうか?

もっと簡単な言葉でいうと、「どれだけ自分に対して自信を持っているか」と言い換えられるかもしれませんね。

お話をもとに戻します。

エフィカシーを高めるということは、「自信満々にする」ということと思っていただいて大丈夫です。

つまり、コーチングを分かりやすく説明すると、このようなイメージでしょうか?

どうしても実現したい目標に向けて、相手が自信満々で行動をし続けられるようにサポートすること

ハッキリ申し上げます。

コーチングの定義は、「エフィカシーを高める技術」以外にはありません。

ここまで言い切れる理由は単純です。

コーチング理論そのものを生み出した科学者が断言しているからです。

だから、他の方がどんな定義をしていたとしても気にする必要はありません。

ここからは、大切な内容を説明しますので、このまま読み進めてください。

本来のコーチングの定義と語源

建仁寺の素敵な境内
本来のコーチングの定義は、先ほど説明した通りです。

クライアントのエフィカシーを高める技術

これ以外の意味や役割はありません。

ただ、世の中に出回っている書籍やホームページでは、いくつか別の形で説明されていることがあります。

例えば、コーチングの語源ですね。

ざっというと、こんなイメージでしょうか。

中世のハンガリーにおいて、コチェという町があった。この町では、馬車が作られていた。このコチェという町の名前が、コーチの語源になっている。「教師が生徒に教える」という語感がある。

せっかくですので、もう少し詳しく説明します。

Collinsという辞書で、コーチの語源について確認をしてみました。

C16: from French coche, from Hungarian kocsi szekér wagon of Kocs, village in Hungary where coaches were first made; in the sense: to teach, probably from the idea that the instructor carried his pupils

Coach in Collins dictionary

16世紀のヨーロッパで使われ始めた言葉のようです。

ただ、ここで1つ質問があります。

あなたはコーチングの語源を知りたいのですか?

それとも、自分にとってコーチングが役に立つかどうかを知りたいのですか?

いかがでしょうか?

ほぼ100%の確率で後者だと思います。

つまり、コーチングの定義についていろいろな説明があるけれど、結局のところ役に立つかどうかを知りたいわけですよね?

そして、いろいろなウェブサイトや本を見ては、よく分からなくて迷ってしまう時間をなくしたいのですよね?

モヤモヤしている時間を過ごす代わりに、目指している目標に向かって夢中になりたいのですよね?

それでしたら、わざわざ語源や、他の定義の説明について調べる必要はありません。

それはそうです。

定義は1つだけであると、本来のコーチングを開発した科学者が断言しているからです。

もう他の情報に惑わされて迷う時間を過ごす必要はありません。

お話をもとに戻します。

コーチングの定義は、この1つだけです。

クライアントのエフィカシーを高める技術

こちらに関連記事を載せておきましたので、参考にされてください。

二度と迷わない。コーチングの方法論と原則は1つだけと断言します。

コーチングのスキルより大切なものは1つだけ。それは「本来のコーチング」を知ること

コーチングの定義が分かりづらくて当然

モノクロで撮影した難波橋の街灯
コーチングの定義が分かりづらいと思っていますよね?

そのお気持ちがよくわかります。

それはそうです。

良し悪しではなく、世の中に出回っている情報のほとんどが間違っているからです。

または、コーチ達による説明不足であるともいえます。

場合によっては、コーチ自身の理解が十分とは言えないこともあるはずです。

詳しく説明します。

コーチングの定義を知らないコーチ達

夜に撮影した梅田の道路
繰り返しますが、コーチングの定義はシンプルに1つだけです。

クライアントのエフィカシーを高める技術です。

これ以外の意味はありません。

しかし、本来のコーチングの定義を知らないまま、コーチとして活動している方が多くおられます。

これは決して悪いわけではありません。

それはそうです。

コーチングというものには、国家資格などは存在しません。

あるのは民間資格だけです。

しかし、資格を持っていなくても、誰でも自由にコーチとして活動することは可能です。

つまり、コーチの数が多いということは、コーチングに興味を持っている人が多いということになります。

別の言葉で言い換えると、コーチングに何かを期待している人がたくさんいるということです。

一言でいうと、ニーズ(需要、必要性)があります。

ニーズがあるので、「私はコーチです。あなたをコーチングします」と説明すればマッチングが成立するのです。

いわば需要と供給のバランスです。

ここで見逃せないポイントはこちらです。

  • プロじゃなくてもコーチングができる
  • 誰でもこの瞬間からコーチになれる
  • 素人だったとしても、相手にバレない
  • 私はプロですと言ってしまえば、成り立つ
  • 大した知識を持っていなくても活動はできる

いかがでしょうか?

特定の誰かを攻撃するわけではありません。

ただ、誰でも自称コーチとして活動ができるのは事実です。

だからこそ、あなたがコーチを探すときには、注意して情報収集する必要があるだけです。

こちらに関連記事を載せておきましたので、ぜひ参考にされて下さい。

プロがおすすめするコーチングと、偽物の見分け方を徹底解説【簡単】

コーチングの依頼をする前に、ダマされないための知識を身につけるべき理由【シンプル】

コーチングの本の見分け方は単純に1つだけである理由を解説します

また、十分な情報を持っていない状態でも、ホームページやブログを開設することは誰にでもできます。

そして、SNSで情報発信することも気軽にできます。

だからこそ、情報を受け取る側のあなたが、きちんとした本来のコーチングの定義や情報について知る必要があるのです。

コーチングの定義は歴史を知れば簡単に分かる

夜に撮影した法善寺横丁の通り

本来のコーチングの定義は、コーチングの歴史や実績を知れば簡単に見分けられます。

それはそうです。

正しい情報を知っていることで、間違ったものを見分けられるようになります。

詳しく説明します。

本来のコーチングは、1970年代のアメリカで生まれました。

元祖コーチであるルータイスが、スポーツ選手やビジネスパーソンに向けてマインドやメンタルのトレーニングをしたのがはじまりです。

成果が積み重なり、最終的な以下のような実績が世界中に広がりました。

世界60カ国、21言語で、延べ3300万人がルー・タイスのプログラムを受講

NASA、米国国防総省(陸軍、空軍、海軍、海兵隊)を始めとした連邦政府諸機関が公式に採用

米国各州政府、全米の警察、刑務所、小学校や中学校、主な大学等が教育プログラムに公式採用

北京オリンピックで8個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプスを指導

タイガー・ウッズが父から学んでいた

フォーチュン500社の62%が採用(米国のフォーチュン誌が年1回発行する全米上位500社リスト。企業の総収入に基づきランキングされる)

出自:アファメーションP8 フォレスト出版 ルー・タイス著、苫米地英人監修

いかがでしょうか?

非常に大きな実績が残っていると思いませんか?

なお、本来のコーチングの定義や、ルータイスについての関連記事をこちらに載せておきました。

ぜひ参考にされてください。

コーチングを生み出したルー・タイスの歴史を徹底解説【もう迷わない】

また、コーチングの定義で出てくるエフィカシーについての関連動画はこちらになります。

ぜひ何度も繰り返し見てみてください。

さいごに

夜に撮影した法善寺横丁の猫

いかがでしたでしょうか?

コーチングの定義はシンプルで1つだけであること。

エフィカシーを高める技術であることがお分かりいただけましたでしょうか?

ちなみに、世界最高峰のコーチング認定資格を持つコーチへ、直接質問をしてみたいことなどはありますか?

でしたら、ぜひ無料カウンセリングにご参加ください。

あなたのご予約をお待ちしております。

プロコーチによる無料カウンセリングはこちら。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。