コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけです

コーチングについて

  • 「サクッとコーチングのことが分かるような本があればいいのに・・・」
  • 「できるだけ時間をかけずに、コーチングを身に着けて、仕事に使ってみたい・・・」
  • 「コーチングって色んな本があるから、まずはベストセラーを読んでおけば間違いなさそう・・・」
  • 「コーチングが自分の役に立つかどうかを調べておきたい。おおまかにざっくりと概要が分かる本があればいいのに・・・」
  • 「コーチングって本でも学べたらいいな。でもどれから読めば効率が良さそうなのか知りたい・・・」
  • 「まずはベストセラーのコーチング本から見ておきたい。詳しい人が紹介してる記事があればいいな・・・」
  • 「コーチングに興味を持ったけれど、どの本から読めば効率がいいのか・・・」

コーチングを効率よく学びたいけれど、納得できる本や情報が見つからなくて困っているあなたへ。どうかご安心下さい。こちらでは、ベストセラーを無視して、最初に読むべきコーチングの本について解説をいたします。

先に結論をお伝えします。まず最初に、ルー・タイスまたは苫米地英人博士が執筆・監修しているコーチングの本を読むべきです。

こちらではその理由や背景、そして、これらのコーチングの本があなたの役に立つ理由について詳しく解説しております。ぜひ、このまま読み進めてみてくださいませ。

なお、この記事を最後まで読んで頂くことで手に入れられる情報は以下のとおりです。

  • コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけ
  • ベストセラーよりも、本来のコーチング本を読むべき
  • 今すぐ読むべきコーチング本をご紹介

せっかくのタイミングなので、ぜひ最後まで読みすすめてください。

コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけ

靭公園の素敵な樹木
コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけです。それは、ベストセラーだからといって、あなたの役に立つとは限らないからです。

世の中には多くのコーチング関連の本があります。そして、ベストセラーと言われている本もいくつかあるはずです。例えばこんなイメージでしょうか。

  • 表紙とかの見た目が立派で、しっかりしてそう
  • 著者が〇〇コーチング協会の代表で、何かすごそう
  • ベストセラーで増刷!という帯があって、これなら安心できそう
  • 仕事でも手軽に使える質問集とかが載っていて、手軽に学べそう

果たして、本当にあなたの役に立つのでしょうか。たしかに、ベストセラーということは、多くの方が手にとって購入した本であることは間違いありません。しかし、今のあなたの状況にピッタリだと言えるでしょうか。

良し悪しではなく、ベストセラーとして多くの方に読まれているということが、「内容がしっかりしている」ことと直結するとはいい切れません。

それはそうです。出版の業界においてベストセラーになるということは、マーケティングがうまくいったと見ることが可能です。そして、あなたが期待している中身ではなかったとしても、マーケティングが成功してベストセラーになったという可能性もあります。(もちろん、中身も素晴らしくって、名実ともにベストセラーになる書籍もあると考えます。)

コーチングに関連する本を否定するわけではありません。ただ、こちらでは「ベストセラー」イコール「あなたの役に立つ」と断言することは不可能であるする立場で執筆をしております。

ですので、コーチングの本を探すときは、ベストセラーかどうかよりも、あなたの役に立つかどうかを優先していただけることを願っております。

ベストセラーよりも、本来のコーチング本を読むべき

素敵な書斎
ベストセラーよりも、本来のコーチング本を読むべきです。その理由は単純です。本来のコーチングこそ、あなたを救う可能性が非常に高いからです。

前述の通り、世の中には「コーチング」という名前が使われたプログラムや、そのPRのために書かれた本が数多くあります。決して良し悪しではなく、そのほとんどが本来のコーチングからかけ離れています。

それは、中身よりも「コーチング」という名称やパッケージを使って集客をすることが優先されているからであり、実際に集客につながるからです。そして、マーケティングやPRに成功していることから、ベストセラーになっている本があると筆者は考えています。

もちろん、ベストセラーを批判したり否定することは目的ではありません。最も大切なのは、今のあなたが求めている「コーチング」について解説されているかどうかと断言できます。

なお、これからコーチングの本を探される場合、本来のコーチングについて触れられているかどうか見分ける方法はこちらの記事を参考にされて下さいませ。

では本来のコーチングとは何なのでしょうか。

本来のコーチングとはなにか

本来のコーチングとは、「クライアントのエフィカシーをあげる技術」であり、その行為です。別の言葉で言い換えると、「私には、誰に止められたとしても成し遂げたい、とてつもない夢がある。私ならきっとできると確信している」状態を創り出します。

ざっくり言い換えるなら、「自信満々でしかたがない」状態と言えるでしょう。つまり、何があったとしても、あらゆる手段をクリエイティブに思いつき、ゴールに向けて動き続けるということです。

しかも、一切の努力や苦しい思いは不要です。なぜならば、「どうしてもやりたいこと」であり、「行動することが日常である」と感じているからです。

なお、エフィカシーについてはこちらの動画を参考にされて下さいませ。

【特別無料公開】エフィカシー SPECIAL EDITION 苫米地メソッド 苫米地英人公式チャンネル

苫米地英人博士によるコンフォートゾーンの解説動画

また、本来のコーチングについては、こちらの記事を参考にされて下さいませ。

今すぐ読むべきコーチング本をご紹介

夜に撮影した美しい道路の様子
ちょうど良いタイミングなので、こちらでは今すぐ読むべきコーチング本をご紹介します。すべて、元祖コーチのルー・タイスや、認知科学者の苫米地英人博士が関わっている書籍となります。

まずは様子見や、お試しという意味でもぜひこれらの書籍に目を通されることを強くおすすめいたします。

図解TPIEプログラムコンフォートゾーンの作り方 苫米地英人著

「言葉」があなたの人生を決める 実践ワークブック 苫米地英人著

なりたい自分になれる!TPIEを進化させた最新教育プログラム 夢をかなえるPX2完全マスター 苫米地英人著

最後に

Collingsの美しいアコースティックギター

いかがでしたでしょうか。コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけであることについて、お分かりいただけたかと思います。

念のため、今回の記事のおさらいをすると、大切なポイントは以下の通りです。

  • コーチング本のベストセラーを無視するべき理由は1つだけ
  • ベストセラーよりも、本来のコーチング本を読むべき
  • 今すぐ読むべきコーチング本をご紹介

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。あなたとお会いできる日を心より楽しみにお待ち申し上げております。

なお、このシキブログを運営する苫米地式認定コーチに聞きたいことはありますか?こちらのフォームよりお問い合わせくださいませ。